- GEIMU について-

日本を舞台にした実写VR映画「GEIMU」をYouTubeにて全5話 (合計23分) を2020年3月〜5月に公開致します。
 

撮影は最先端の3DのVR180度カメラを使用し、5.7Kの映像クオリティーと、アンビソニックという三次元の音声で制作しました。(そうなんです、それが YouTube で観れるのです!)

そのため、映画を観るだけではなく主人公の視点・立場としてその場にいるかのような臨場感ある物語を体験できます。(そうなんです、それが YouTube で体験できるのです!)

*VRとは virtual reality(バーチャルリアリティ)の略語であり、日本語では「人工現実感」あるいは「仮想現実」と訳され、コンピューターにより作られた映像や実写映像のことを指します。

-いきさつ-

世界的動画配信プラットフォームであるYouTubeを傘下に持つ米国IT企業であるGoogle社と、VRオンラインニュースサイトである米国VR Scout社により、映像クリエイターやユーチューバーを支援するVR180度ラボが発足されました。

 

それはアメリカとイギリスで初めに開催され、その後日本で12組が選考されこのプロジェクトに参加することとなりました。我々はその中の1組として選ばれ作品をつくり、YouTubeにて世界配信することになりました。

長年に渡り制作したいと願っていた日本の時代劇をこのプロジェクトで作り、世界へ羽ばたかせたいと考え、私たちのVR映像創りが始まったのです。

-可能性-

VRは多業界で幅広い用途が探られています。

エンターテインメント界では、現在のところゲームが大半であり、数少ないVRの映画でもほとんどはコンピューターアニメーションです。ドキュメンタリーやエクストリームスポーツ系のものも増えてはきましたが、ストーリー性のある実写×VR×映画はまだ少なく、これから大いに期待出来る分野です。

しかし反面、製作の難易度が非常に高いことで知られています。
これは機材の取り扱いが難しいことに加え編集する際のデータが非常に重く更にはカメラワークやストーリー構成など広義にわたり作りこみを徹底しないと視聴者が感じる臨場感を崩してしまうからです。その他にも映像に酔ってしまうということもあり、ハリウッドの著名監督ですら、これらの点について苦戦しているのが現状です。

そのような中我々は悪戦苦闘し、視聴者にストレスなくスムーズに楽しんでいただけるよう、構想・撮影・編集について細心の注意を払い作品を作り上げました!

-あらすじ-

主人公はエミというゲームオタクの女の子。
彼女は友達のヒロシと一緒に、VRゲーム機とAIデバイス (グーグルホームやアマゾンアレクサのような機器) をハッキングさせ違法に安全機能を外してしまいます。
そうしてAIが構築した戦国時代のVRゲーム世界へ入り込みます。
最初は現れる敵と戦ったりしてアクション満載のゲームだったのですが
エミはヒロシと逸れ異変が起き始めます。
果たしてエミはゲームをクリアして無事に脱出で来るのでしょうか?!

*合計23分、YouTube に5つのエピソードに分けて公開致します。

Project Summary:
GEIMU is a 23min Japanese cinematic live action stereoscopic 3D VR180 sci-fi action film releasing on YouTube in 5 episodes from March through May 2020. The VR film takes us on a vicarious adventure through a virtual reality game world set in medieval Japan in which there are ninjas, mythical creatures and, of course, zombies. We experience the story through the eyes of the AI device and through Emi's VR goggles.  

Format:
Stereoscopic VR 180, Resolution: 5760x2880; Ambisonic + Head-Lock Stereo Audio

Story:
Looking for a challenge, Emi, a hard core gamer enlists her pal Hiroshi to illegally hack her VR game console together with her AI device so that she can play in a fully AI created original VR game world. To make things interesting she eliminates all safety protocols. At first it appears to be a typical RPG (role playing game) set in medieval Japan with plenty of action, but bizarre events begin to take place, and she gets separated from Hiroshi. Will Emi prevail and escape with her life or does the AI have other plans...?

Tagline:
When AI gets medieval on you. 

Production:
GEIMU was written, directed, and edited by Dorian Goto Stone. The project was made possible by the Google and VR Scout VR180 Lab. Over 50 local cast and crew were involved in the production, and decades of collective experience with Japanese period pieces went into creating a compelling medieval Japanese game world. From the sword choreography to the wardrobe to the props and spoken language, details were meticulously chosen to create a period piece that would be satisfying to both a local Japanese audience as well as a global one. 

The lead (Emi) is played by Aimi Sekiguchi, a VR artist and YouTuber who performs at major events throughout the world who is frequently featured on Japanese television. Her costar (Hiroshi) is played by Katsuyuki Miyake, an actor in television, film and theatre. 

Locations:
Sakasai Castle Ruins Park, Bando City, Ibaraki Prefecture  
Gotemba, Shizuoka Prefecture 
YouTube Space Tokyo