-VR180度とは (もっと詳しく知りたい方へ)-

VRにはモノとステレオがあります。モノのVRは立体感がなく一般的に売られている360度カメラは大抵モノです。全方位に映像はありますが立体感はありません。

一方、ステレオとは立体視の事です。映像を左目と右目別々に撮影している為に立体感が生まれます。VRゴーグルを付けると映像に囲まれ、なおかつ写っている物が立体視なのでその場にいるかの様に感じられます。VR180度のカメラは低コストの物でも立体視な映像を撮影することができるのです。

さらにVR360度とVR180度と言う形式があります。全方位の360度の映像と比べて180度は半分で、前方半分に映像が映し出され、後方は真暗に見えます。VR180は上記説明した立体視ではありますが以下のような利点があります。

・前方にしか映像が写っていない為、視聴者の目線が迷わない。360度の映像の場合は視聴者はどこにでも向けるので、制作者が見て欲しいところに目を向けていない可能性が高い。

・人間の視野角は両眼視でおよそ120度なのとVRのゴーグルも大抵90度から110度なので、180度のVR映像でも十分視野が埋まり臨場感を感じられる。

・VR180度のカメラは同じ解像度のVR360度のカメラと比べて、映像のクオリティーが遥かに高い。例えば同じ4Kでも、同じピクセル数なのにVR360度の映像は面積が倍である為、VR180度の映像より大分荒くなる。

・制作者として通常の映画もしくは動画撮影に近い体制で撮影が出来る。VR360度のカメラで撮影する場合、制作者が映像に映り込んでしまう為、その場から離れるか映らない様に隠れなければならず、その為、撮影時には細かい指示や調整がほぼ出来ない。撮影用の照明も隠せない限り使えない。VR180度の場合はカメラは前方しか写していないため制作者はカメラの後ろにいることができ、照明やその他の撮影器具(音声機材など)はカメラの後ろに設置が可能となり、こうすることで映像のクオリティーをしっかりとコントロールできる。